派遣看護師に起こりやすいトラブルとは

派遣看護師に起こりやすいトラブルとは

派遣看護師をするにあたって、起こしやすいトラブルについて説明するわね。

派遣看護師が「もう派遣看護師なんて嫌」って思うのは、自分の希望とは違う仕事を次々に紹介されたり、人材派遣会社の人が話した内容とは異なる仕事内容をまかされたりしたとき。

人材派遣会社にも「顧客満足度も高くて、人材を上手に回している優良な会社」と、「派遣看護師のことはどうでもいいから、中間手数料を少しでも多くために人材をひっかきまわしている劣悪な会社」があるの。

もしあなたが後者のような劣悪な人材派遣会社と手を組んでしまったのなら、さっき言ったようなトラブルが起こりやすいことは言うまでもないわね。

「なぜ劣悪な人材派遣会社はトラブルを起こしてしまうのか」について考えてみましょう。

転職サイトの仕組み

まずは、人材派遣会社がビジネスを行っている仕組みについて話しておくわね。 人材派遣会社は、仮に時給2,000円の求人があったとするでしょ。その場合、人材派遣会社は時給に20〜30%上乗せした金額2,400〜2,600円を提携した病院などから受け取ることになっているの。

あなたが1時間2,000円で8時間働いたとすると、人材派遣会社は1日3,200円から4,800円の利益(儲け)が生まれているわけ。

「人材派遣会社ってなにも働いていないのに、人を使ってお金儲けするなんてずるーい」なんて考えている人、いるんじゃない?

でもね、もしその人材派遣会社が交通費を出してくれていたり、社会保険の経費も負担してくれていたりしてたら、その会社、あんまりお金を儲けているとは言えないかもしれないわ。

だって人材派遣会社は、看護師を集めるためのサイト運営だけじゃなくて、サイトの広告費から、労務管理費(人材派遣会社で雇うスタッフの給料など)まで、もろもろの必要経費を全部支払わないといけないでしょ。

ある意味、人材派遣会社は薄利多売業界とも言われているわ。

だから、人材派遣会社が収入を得るには、派遣看護師を少しでも多く派遣することにあるの。人材派遣会社は本音としては、すぐにでもあなたを派遣させて、利益を出したい。あなたの希望する条件なんて本当は聞きたくないの。すぐにでも時給のいい職場に派遣させたくて仕方ないの。

だから、自社の利益ばかりに目が向いている人材派遣会社だと、あなたの希望に合っていない求人でも、仕事内容に多少のウソをついたとしても、強引に派遣契約を結ばせるかもしれないってことなの。

そんなときは仕事内容を充分吟味して、きっぱり断るといいわ。レベルの高い看護師は、仕事を選ぶものよ。どんな仕事でも引き受けていたら、あなたのライフスタイルが崩れてしまうの。

断っても断っても、それでもしつこく希望と違う求人を紹介してくるようなら、その人材派遣会社には、「あるところから誘われて正職員になっちゃいましたー。派遣看護師は辞めます。ごめんなさい」っていって、ご縁を切っちゃうことを勧めるわ。

他にも人材派遣会社はたくさんあるんだから、ひとつの派遣会社に固守して、その会社との関係を我慢し続ける必要は無いの。

もっと質の悪い人材派遣会社に至っては、最初にいっていた契約内容と実際に働き始めてからの仕事内容が全く異なることがあるの。

例えば、社会保険に加入する時期とか、労働時間の取り決めとかが最初言っていたことと全く違うとかね。

事前の契約内容の確認では良いことばかり言って、それを聞いたあなたは条件に合っていたから派遣契約を結んだのに、契約内容が派遣先にうまく伝わっていないことがあるの。

就業条件明示書の存在

そんなときに引っ張り出してほしいのが、「就業条件明示書」。

これは、派遣契約を結ぶときに、人材派遣会社が発行する「派遣先での詳しい業務内容」がかかれた書類よ。

これを出してみて、この就業条件明示書と仕事内容に明らかな違いがあるときは、契約違反となるから、人材派遣会社にそのことを訴えることができるわ。

契約違反の例としては、「時間外で朝の掃除を正職員と同様に手伝わされたり(クリニックに多いわね)、勉強会や会議に参加させられたりしたとき(こっちは病院に多いわ)」。

これは時間外だから、派遣看護師であるなら本来はしなくていい仕事。なのに「正職員もしているんだから」って訳わからない理由で強制させられているときは、すぐに就業条件明示書を出して、人材派遣会社に電話よ。

これらの仕事を断っても、職場から「どうしても会議に参加してほしい」なんて頼まれたら時間外手当をつけてもらう必要があるわ。これは人材派遣会社にちゃんと報告しておくことが大切よ。

時間外勤務の確認

そして、時間外で何時間働いたかをメモしておいて、ちゃんと支払われているか確認が重要。

これらの事前契約が派遣先の職場の落ち度であったら、人材派遣会社にこのことを訴えて、改善してもらえばいいけれど、人材派遣会社の落ち度だったときはどうすればいいと思う?

もし人材派遣会社が派遣先への申し送りミスだったときは、しっかり再発防止策を提案してもらい、今後こんな不愉快な目には遭わないよう対策をしておくことが重要よ。

もし人材派遣会社の担当者が動かないようであれば、派遣雇用契約書に記載している人材会社の責任者に直接連絡をとって、「今回のトラブル」について伝えることが大切よ。

正職員だと自分ひとりでは到底動けないことも、派遣看護師だと人材派遣会社を変えればいいだけだから、結構動きやすいの。

履歴書に人材派遣会社とトラブったことも派遣会社を変えたことも書く必要は全くないしね。

正職員なら、転職したら履歴書に記載しなきゃいけないけど、派遣看護師ならその点の 心配はないわね。そこを最大限に活用して、自分の身は自分で守ることが大切よ。