やっぱり正職員になりたいって思ったら

やっぱり正職員になりたいって思ったら

「派遣って働き方に慣れてきたし、ボーナスは欲しいし、キャリアップだってしてみたくなってきた」そんな私ってわがままなのかなー?って思ってない?

そんなことはない。派遣をしていても、正職員がボーナスの話をしていたり、キャリアアップの話なんかを聞いたりしたら、「やっぱり、しっかり地に足をついた、そんな生き方もいいもんだ」って思う人もいるでしょう。

だったら、派遣看護師の求人のなかでも「正職員/正社員登用制度あり」とか「紹介予定派遣」って記載のあるものに募集してみるといいわ。

正社員と変わらない紹介予定派遣

紹介予定派遣に募集したら、1日〜最長で6ケ月間の試用期間を経た後、派遣先の病院やクリニックとの直接雇用になるの。

ここで気を付けておきたいのが、直接雇用にも、いろいろ種類があるってこと。正社員だけじゃなくって、契約職員、アルバイト、パートとかね。もしあなたが、パートじゃ嫌だって思うんなら、ほかにも紹介予定派遣はあるんだから、断っても大丈夫。

紹介予定派遣をするとね、さっきも言ったんだけど最短だと1日、最長でも6ケ月、平均すると3ケ月程度で派遣から正職員への道が開かれている。

「今回の派遣の人、働きっぷりがいいから正職員になってもらいたいなー」なんて思ってもらえたら、派遣契約が終了する1ケ月くらい前に呼び出されるの。

そんで「よかったら、うちで働かなーい?」って誘われるって仕組み(ほんとはもっと真面目な感じでね)。

派遣のときは、派遣会社から給料、社会保険なんかが支払われていたんだけど、正職員になったら、もちろん直接雇用だから病院から給料はもちろんボーナスだって出ることになるの。

正職員になったら、キャリアアップだって、昇進だってできるってことだから、「ここ!」って決めたんなら、覚悟を決めて働くことが大事よ。 紹介予定派遣の求人を勧めたい人は、「正職員の採用試験で、いつも面接で落ちてしまう」って人にもおススメよ。どうしても面接で緊張してしまって、本来の自分をアピール出来ない人っているじゃない?

本当は、働き者で、患者さん思いで、でもちょっと話すのが苦手って人は、派遣看護師で実際にあなたの働きぶりをみてから、正職員になるかどうか、決めてもらえばいいの。

採用試験って、何人か応募者が来るから、ある意味「落とす面接」でしょ。それって緊張するわよね。

でも派遣看護師を紹介予定派遣で正職員にするってことは、「採用するための面接」なの。だから大船に乗ったつもりでいて、かまわない。いつもの顔なじみの上司が面接には付き合うだろうからね。

紹介予定派遣での勤務は可能

私の知りあいにも、「ちょっと暗い感じの子」がうちの病院の採用面接で落とされたけど、どうしてもここで働きたいからって、紹介予定派遣の派遣看護師で入ってきたことがあったの。

「採用試験で落ちても、紹介予定派遣の派遣看護師なら働けるんだ」ってこと。一度断られたところで、もう一回別のルートから入ってくるところが、この子の情熱を感じるわね。

この子の働きっぷりはというと、やっぱりちょっと暗めだから、同僚たちと上手に話すことができないで、聞き役のことが多かった。

でも患者さんの愚痴なんかも良く聞いてて、高齢の患者さんなんかは「この子が来ると、他の看護師さんみたいに急かされないから落ち着くのよね」なんていってた。

働きっぷりは…というと、みんなが嫌がる仕事もすっと入ってきて、すっとこなして、静かに立ち去っていく。もくもくと働くの。いつの間にか仕事が終わってる、みたいな。

その子がいない日は、「あー自分の仕事が増えるー」なんて愚痴ってる人もいた。

っていうことは、「その子、うちの病院に必要なんだよねー」ってみんなが思ったの。もちろん師長さんもね。

というわけで、その子はいま、派遣看護師を無事に卒業して、正職員で働いている

口だけではわからない

なんか、口先だけ上手いことをいって働きっぷりはそうでもない看護師って山のようにいるでしょ。でもそういうのって、やっぱり実際の働きっぷりをみないと分からないことが多い。

その反対も言える。

さらに、求人広告にはいいことばっかり書いてある病院も、実際に働いてみると「だまされたーあれはこういう意味だったのか?」って思うことも多いにあるわよね。

あなたも紹介予定派遣をうまく利用して、「この病院が求人に掲載していることは真実なのか」ってことを見極めることが大切よ。

なにも紹介予定派遣だからって、病院からの申し出を断ってはいけないってことはないんだから。

「直接雇用のお話はありがたいんですが、もうすこし派遣でいろいろな経験を積んでいきたいと思いまして…」なんていって、正職員の退職届なんかと比べると、断りやすいのも魅力。

紹介予定派遣は、あなたと病院やクリニックがマッチングしているかを見極めるいい機会。実際に働いてみれば、「労働環境」「待遇」「人間関係」とかたくさんの情報を手にすることができるからね。