派遣看護師の派遣期間は、短期〜長期・紹介予定派遣まで

派遣看護師の派遣期間:短期・長期・紹介予定派遣

派遣看護師の派遣期間は本当に様々。だから自分のライフスタイルに合わせて、いろいろな働き方ができるのが特徴。

「今月はお金が急に必要になった〜どうしよう」「子育て真っ最中だけど、お金が必要。午前中だけ子どもを預けて、効率よく働く方法ってないかな」って思ったときも、看護師免許をもっているなら、それを生かさない手はない。

人材派遣会社に登録して派遣看護師になれば、明日にでもすぐに行える仕事を紹介してもらうことが可能なの。

派遣看護師には、単発といって1日単位で働ける仕事から、短期、中期、長期、紹介予定派遣といって1日から最長3年、なかには正職員になれるといった仕事まで様々。派遣看護師にはどんな派遣期間があるのか、ひとつずつ詳しく見ていくわね。

単発派遣

スポット派遣ともいわれている 単発派遣は1〜30日といった短期間にだけ働く働きかた。

例えば、「明日、何も予定が無いから、なにか仕事をしてお小遣いでも稼ぎたい」「明日は実家に子ども預けて、久しぶりに看護師として働いてみるかー」といった自由度の高い働き方。

中には入念な計画を立てて、「〇月○日は予定を空けるから、夏フェスの救護班でイベントナースをするぞー」と「気分転換プラスお小遣い稼ぎ」を狙っているつわものもいる。

派遣先としては、イベントナース、ツアーナース、健診・検診ナース、ピンチヒッターナース、訪問入浴ナースなど。

【短期派遣

2〜3ケ月という数ケ月だけ働く派遣 例えば、「引っ越ししたばかりで、土地勘がつかめない。正職員に就きたいんだけど、このあたりの病院の情報がなにも分からない。情報無いかなー」という人や、「前の病院、本当に労働条件が最悪だったな。今度は老人ホームとかでのんびり働いてみたいなー」という人にはおススメ。

2〜3ケ月という短い期間だから、人間関係のしがらみなんて気にせず、自分らしく働ける。この派遣期間の間に、派遣先の職場の看護師から他の病院の口コミを集めてもいい。高齢者介護施設ってどんな職場か、実際に体験して自分の目で確かめてみるといい。

実際に現場に入って情報を集めること、生の声が聞けるので、転職には役に立つ。

派遣先としては、社会福祉施設や、有料老人ホームといった介護施設、病院やクリニックなど一時的に人材が足りなくなったところ。

長期派遣

3ケ月〜3年という長期で働く派遣 「ちょっと興味本位で派遣看護師をはじめて見たけど、派遣っていう働き方、面白くない?」って思った人や、「短期や中期じゃ、雇用が不安。できれば長く勤めて、安定して派遣で働きたい」って思った人にはおススメ。

派遣先としては、社会福祉施設や介護系の施設が多くなる。

紹介予定派遣

1日〜最長で6ケ月間、派遣で勤めてみて、そこの職場とあなた自身がマッチングしたら直接雇用になる派遣。「お試しでお付き合いして、良かったら結婚」っていう感じかしら。

もちろん、「お付き合いしてみて、やっぱりあなたはちょっと…」ってなったら、断られることもあるし、あなたが断ることもできる。

紹介予定派遣の働き方の素敵なところは、とりあえずは「正職員としての道が確保されてる」ってこと。

「やっぱり派遣よりも安定しているし、キャリアアップできるし、正職員がいいー」って思った人や、「どうしても採用面接では緊張して自分の言いたいことがいえない。働きぶりをみてくれたら、絶対採用されるのになー」と考えた人は、求人に「紹介予定派遣」とか「直接雇用制度あり」、もしくは「正職員/正社員登用あり」と書かれてあるものを選ぶといい。

紹介予定派遣の場合、派遣期間が終了する1ケ月くらい前になると、派遣先の職場との間で直接雇用にむけての話し合いがある。

これは、一般的に行われている「求人面接=落とす面接」じゃなくって、「受かる面接」だから、そんなに緊張する必要もない。

「この話し合いがある」ってことは、「あなたに来てほしい」ってことになるからね。

派遣看護師には種類がある

こんなふうに短期やら中期、長期、紹介予定派遣に至るまで、いろんな雇用期間や方法があるから、派遣看護師ってとっかかりやすい。高時給・好待遇を狙える!「派遣看護師」おススメ転職サイトにもあるが、

私の友達なんかは、昼間はクリニックで働いているんだけど、クリニックの休みの前日「水曜日」と「土曜日」の夜だけ派遣で夜勤をやってる。これを友人は「本業」といっている。

その理由はなぜか。 夜勤はとってもいい給料になるらしく、1回32,000円。実は、毎週2回、64,000円×週4回=25.6万円。普通にクリニックの月収よりも高いからだ。確かに本業… これを聞いたとき、「これは、すごい! 普通に月1回ハワイに行けるじゃーん(あ、夜勤があるから当面は無理か)」って思った。

どっちが本業で、どっちが副業?っていうくらい副業の定義が分からなくなるくらい、派遣看護師は融通がきいて、時給も待遇もいい。

クリニックでドクターの機嫌が悪くて八つ当たりされたときも、友人は心の中で「ここよりも時給がいいところで、私シャキシャキ働いているんですけどー。クビにしても当面なにも困らない」って思っているらしい。

もちろん、派遣看護師に転職するメリット・デメリットと注意点を知ろうにある通り、メリット・デメリットはあるけど、ひとつしか収入の無い人と、2つの収入をもっている人では心の余裕が違う。

余裕がある人は貫禄が違うから、ドクターに何を言われても動じない。「やいやい、八つ当たりばっかりしやがって。夜勤のときは、重宝される私だよ。首にできるもんなら、してみやがれ」と即席の江戸っ子にもなれるらしい…

いろんな派遣の働き方があるから、あなたが「これならやってみたい」「これならできそう」って思うピンときたものをやってみるといい。

「無理のない範囲で自分の時間を切り売りして働ける」 これが派遣看護師最大の魅力。ダブルインカム(本業と副業の収入)のある心強さ。あなたも空き時間をうまく使って、自分の知らない自分の力を開花させるときが来たのかもしれない。