訪問入浴ナースのすすめ

訪問入浴ナースのすすめ

派遣でいろいろ求人を探していると、いっつも目につくように掲載があるのが、「訪問入浴」じゃない?

老々介護とかで自宅で療養はできるけど、お風呂だけは力仕事だから自分ひとりで介助できないから業者に頼むって人、すごく増えているの。

たしかに訪問入浴は、力仕事だし、きついってイメージがある。そのせいで、訪問入浴の求人はいつでもあるの。

でもね、メリットだっていっぱいあるのよ。それをお話するわね。

訪問入浴ナースの仕事

訪問入浴は日中にしか行わないから、日勤のみ、残業もほとんどない。これって、家族が家で待っている女性看護師にしたら、実はとっても助かることなの。

「看護師の仕事を再開した」っていったら、大体、「サービス残業があって帰ったら夜の9時。子供のごはんをそれから作ったから、大変だったわ」ってことになる。

でも定時で大体終われるんなら、家族も大助かりよね。

ほかにも、訪問入浴は「いつでも求人がある」ってことを逆手にとれば、「自分の好きなときに仕事ができる」ってことになる。

あなたの空いた時間を有効利用して、仕事ができるってこと。「訪問入浴はしません」なんて、仕事を選り好みしていたら、定期的な収入は入ってこない。

やっぱり、安定した収入を得るためには、「訪問入浴の求人があれば、しっかりこなしていこう」って思っておいたほうが良い。

しかも、「訪問入浴って、すんごいきつい」って思っている人が多いけど、実は看護師には、それほどきつい仕事をさせないことのほうが多いの。

高齢者を浴槽まで抱きかかえるなんて作業はリフトや介護スタッフがやってくれる。車から物品を運んだり、組み立てたりするのも大体は介護士や行ってくれるの。

訪問入浴の事業所の裏側の話をするとね、看護師を正職員で雇うと費用が高くなってしまうから、介護士を正職員で雇用しているの。

だから訪問入浴のさいは、介護福祉士やヘルパーがメインとなって、派遣で雇われた看護師に何をしたらいいか教えてくれることが多い。

看護師の仕事は、介護スタッフが浴槽の上げ下ろしや組み立てを行っているときに、利用者のバイタルサインの測定をして、変わりがないようであれば、衣服を脱がす介助をするの。

介護スタッフと比べるとはるかに看護師の仕事の負担は少ないって思っていて間違いはないわ。

医療行為のない訪問入浴

他にも医療行為をすることがないから、看護師として長―いブランクがある人だって、看護技術に自信のない人だって、看護師として仕事を行うことができるの。

かといって、体力を全く使わない仕事でもないでしょ。だから、体力をつけるためにも、病棟に戻る前に体を慣らすのにも、実は訪問入浴で派遣看護師をするっていうのが、お小遣いも稼ぐことができて、一挙両得。

「でも利用者さんに急変が起こるようなことがあったらどうしたらいいの?」って不安になっているあなた。

介護度が高くて、急変のリスクがあるような人には、最初から訪問入浴サービスの利用は行わないことになっているの。

事前に、健康状態を吟味して、問題が無い人だけが入浴サービスを受けることができるのよ。それでも入浴前にバイタルを測定したら、いつもより血圧や体温が高かったとか、元気がないようだってことがあれば、訪問入浴看護師であるあなたが、入浴中止の決定を行えばいいの。

基本的な看護知識や技術さえあれば、ブランクがあっても訪問入浴ナースになれるから、心配する必要はないって思ってもらっていいの。

ちょっとは自信をもってもらえたかしら?

訪問入浴の時給

そこで、気になる訪問入浴の派遣看護師の時給なんだけど、1時間1,500〜2,000円ってことが多いわ。これって看護師の経験が少なくてもいい割には、結構高めの金額だと思わない?

だって8時間働けば12,000〜16,000円を1日で手にすることができるんだから!下手なバイトよりは、よっぽどお金を稼ぐことができるの。

ただ、こんな時給の話をした後で悪いんだけど、気難しい利用者さんに当たると、結構苦労することもあるから注意して。

入浴って、私たちにとってもリラックスタイムなわけじゃない? それを他人に介助してもらって入浴するとしても、リラックスしたいじゃない?

だから自分なりの入浴方法や入浴後のケアにこだわりをもっていることだってあるでしょ。でも、そのすべてを押し通そうとする人にあたったら、結構大変。

そのこだわりをいちいち受け入れていたら、時間内に終わらせることが難しい。次の利用者さんだって待っているからね。

細かいことは気にしない

なかには入浴後、「髪の毛一本が背中にくっついているのに気づかないで、服を着せた」といってクレームを言ってくる人もいるの。

「そんなことは自分たちでどうにかしてくれー」って本音では思ってしまう。けど、訪問入浴はサービス業でもあるから、そんな人達にも丁寧に対応しなければならない。

利用者さん一人一人にあった丁寧な対応力が求められているのが、訪問入浴看護師でもあるの。そういうことを笑顔で対応できる人だと、訪問入浴ナースに向いているわね。

あとは、介護スタッフとうまくやっていく能力も大事。介護スタッフは正職員で、看護師はあくまで派遣。介護スタッフの指示に従って、上手にやっていくことが重要よ。

とりあえず一回やってみたら、結構慣れて、次々こなしていけるようになるのが、この訪問入浴の派遣看護師。

最初はしんどいかもしれないけれど、マラソンと同じで、いつかランナーズハイのような「仕事へのやりがい」が訪れる日がくるかもしれないわ。

訪問入浴のイメージだけで判断しないで、とりあえず単発や短期で訪問入浴を実際に体験してみることをおススメしてみる!