デイサービスナースのすすめ

デイサービスナースのすすめ

「子供は小さいし、体力をたくさん使う病棟ナースに戻るには気が引ける。できれば体力をあんまり使わない、ちょっと楽なところで働きたい」って思っている方

そんな人におススメなのがデイサービス看護師。

デイサービス看護師なら、デイというだけあって、夜勤は無いし、残業だって少ない。利用者さんも人数が少なめだから、スタッフがバタバタしながら働く必要もない。

ほんとに、デイサービスナースってそんなにいいのー?なんて思っているあなた。

今回はデイサービスで働く派遣看護師のことについてお話しちゃいます。

デイサービスの派遣看護師

デイサービスって、どういうところが知ってる?

よく朝に「おじいちゃーん、お迎えの車にのってー。早く行ったら早く帰れるからー」なんていわれながら、リュックサックを背負った高齢者が車に乗り込み、民家などで日常生活の支援を受けることよ。日常生活の支援って、食事や入浴介助、あとは簡単なレクレーション。

デイサービスは事業所によって、受け入れる高齢者の要介護度が異なるの。認知症だけ受け入れるってとこもあるわ。 要介護1〜2の人だと介護度が軽度だから、ある程度自立しているだけど、要介護4〜5となると、介助が必要で、前者と比べると介助がちょっと大変。

もし人材派遣会社からデイサービスの求人を紹介されたら、どの介護度のデイサービス施設なのか事前に教えてもらっておくこと。もし、デイサービスで働くのが初めてなら、介護度の低い事業所を選ぶといいわ。

デイサービスで看護師が行う仕事っていうのは、利用者のバイタルチェック、入浴介助、食事介助、レクリエーションの準備などよ。

「え、これだけ?」って思った人もいるかもしれない。

けど、デイサービスの看護師は、利用者がデイサービスで気分をリフレッシュしてもらい、一日でも長く楽しく余生を過ごしてもらうっていうのが目的なの。病気やケガをしてデイサービスに来ているわけではないってことを覚えておいて。

デイサービスって、看護師以外にも介護士、ヘルパー、介護福祉士とかの職業の人も一緒に働いているの。一緒に食事介助や入浴介助にあたることもあるのよ。

他の職種と看護師との違い

でもこの職業の人と看護師の違いは、もちろん「看護師なら医療行為を行える」ってこと。利用者の健康状態を見て、入浴をしてもいいかの判断をすることが求められているの。

あとは、入浴後にいつもの薬を塗るのも、急変時に応急処置をするのもデイサービスの看護師の役目ね。

食事のときにむせ込みがひどい人にも、正しい飲み込みが行えているか、何が原因でむせこんでいるのかをみるのも看護師だからできること。

利用者のデイサービスに行く最大の楽しみは、レクリエーション。この準備や補助に、他のスタッフと一緒になって仕事をすることも大切なデイサービス看護師の役割。

デイサービスの利用者は、比較的健康で自立した高齢者が多いから、仕事の大半はコミュニケーションをとることが中心。高齢者とお話するのが好きな人には、うってつけの仕事ね。

時には、コミュニケーションをとっているときに、利用者が「便秘でお腹が張っている。どうにかしたい」と訴えてきたら、どうしたらいいと思う?

そんなときは、まずは利用者担当のケアマネージャーに相談をして、担当医に報告してもらうの。医師から「浣腸して」とか「便秘薬を出しておく」などの指示があれば、初めてデイサービス看護師として動くことができる。決して自分の判断だけで医療行為を行ったらダメよ。

デイサービスでの時給

ちなみに、気になるデイサービス派遣看護師の時給は、1,300〜1,700円と他の派遣看護師の仕事に比べると、やや低め。勤務時間は、朝の8時半から17時半ってところが多いわね。

デイサービスの介護士やヘルパーなど介護スタッフの場合は、時給が800〜1,200円くらいになってしまうから、「看護師免許様様〜」ってなってしまう。

ただーし、介護士やヘルパーにあなたがもらっている時給のことを絶対にいってはいけない。

これをいってしまうと、培ってきた人間関係はぐしゃぐしゃに崩れ、やっかまれ、そして一休さん以上の無理難題を押し付けられ、そしてあとかたも無く滅ぼされる…(これは言い過ぎ)。

聞かれても「ここが派遣看護師の中でも最低です。生活できるか心配です。足元みられて、恥ずかしくて時給なんて言えません」くらいで流しておけばいいわ。

でもデイサービス派遣看護師なら、ブランクがある看護師でも、看護師自体の経験が少ない看護師でも、とっかかりやすいといえる。

医療行為が少ないから、看護技術に不安が残る看護師にとっては働きやすい環境にあるといえる。

ときどき「医療行為がしたいー。看護の腕がなるー」っている発作に襲われたら、人材派遣会社の担当者に「次の仕事は、できれば病棟など医療行為がおこなえるところがいいです」っていって徐々に体と頭を慣らしていけば良いしね、 派遣看護師なら、ひとつずつ段階を踏んでいける。最終的にあなたが目指す目標に向かって進んでいけばいいんだから。

まずは派遣看護師で、いろいろな看護の職場を体験して、「どこが自分に合っているのか」ゆっくり考えてみることが大切。

そこから、本当に自分に合ったところを探し出して、心も体も無理をさせないで、末永く働いていけばいいからね。働いて、体も心も壊しているようじゃ、働く意味ってないじゃない?